メンズ

頭皮の悩みは薄毛治療で解決|効果の高い治療法でフサフサ髪をゲット

若い世代が悩む薄毛症状

育毛

ライフスタイルの工夫

髪の毛が薄くなる症状に悩むのは中高年の男性に多いと言うイメージが強いものの、若い世代では、10代や20代から発症する「若ハゲ」に悩む人がいます。これまでは、髪の毛が薄くなることは遺伝による影響が大きいと考えられていましたが、最近では生活環境や仕事環境、偏った食生活やストレスなども若ハゲを引き起こす原因のひとつとして挙げられています。若ハゲは、早期治療が効果的とされており、発症原因が一過性のストレスである場合には、自力回復が可能なケースもあると言われています。そのため、日々の生活の中でヘアケアを意識し、生活習慣や食生活の見直し・育毛促進剤の利用・男性ホルモンの抑制などに努めるなど、ライフスタイルを少し工夫することで、若ハゲの進行を抑えたり症状の緩和へ繋がると言ったメリットが得られるのです。

早期治療が大切

若ハゲとは、主に10代〜30代前半で発症した薄毛症状を意味する場合が多く、30代後半以降の発症ではAGA脱毛症と呼ばれる傾向にあります。また、若ハゲは別名「若年性脱毛症」とも呼ばれます。前述したように、若ハゲは早期治療と早めの対策を行なうことが効果的とされているため、症状に気付いたら出来るだけ早く治療を受けることが推奨されています。若ハゲの改善効果としては、内服薬の使用効果が高い傾向にあり、治療の際には処方されることが多いです。また、内服薬だけではなく育毛剤を併用して治療や症状の改善を試みるケースも増加しています。若ハゲは、治療開始後半年以上経過した後に変化を実感出来る場合が多くみられることから、根気よく治療や対策を継続することが大切なのです。